東京都の矯正歯科

品川駅高輪口前徒歩2分 東京都の矯正歯科

医療法人社団 スマイルステーション
高輪矯正歯科医院
電話 03-3280-1700
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

TOPICS

通常診療中です。

港区芝歯科医師会ドキュメンタリー

所属歯科医師会の皆で作った動画です。制作は葵プロモーション、伊集院文嗣氏、大野大樹氏。
港区芝歯科医師会 ドキュメンタリー
プロモーションビデオ

東京都港区の矯正歯科、東京の矯正歯科なら高輪矯正歯科医院です。

 高輪矯正歯科医院は東京都港区に位置し、品川駅から徒歩2分という便利な立地の矯正歯科です。
 京浜急行線、京浜東北線、横須賀線、東海道線、都営浅草線乗り換え京浜線などで、品川駅を通勤・通学でお使いの東京のみなさま、ぜひご利用ください。
 朝は10:30から夜19:30まで診療いたしております。
 矯正歯科のカウンセリングは無料で行っております。

 このホームページでは、わたしの理想とする矯正歯科のあり方、歯を抜かない矯正や、歯の裏側・下側に装置をつける治療法、患者さまのご要望にお応えするためのわたしのスタンスなど、矯正歯科のすべてについてわかりやすく解説してます。
 健康で健やかな毎日をおくり続けるための矯正治療についてご理解を深めていただき、正しい噛み合わせと美しい歯並びを保ち続けるための一助としていただければ幸いです。


東京都の矯正歯科 高輪矯正歯科院長高輪矯正歯科医院院長

高輪矯正歯科医院院長 金利鎬

診療科

矯正歯科,歯科

電話 03-3280-1700

住所

〒108-0074 東京都港区高輪3-25-20
京急第5ビル3F 地図はこちら→

最寄り駅・交通

品川駅 高輪口から徒歩2分

診療日
月曜日、火曜日、水曜日、金曜日
診療受付
(平日)

10:30~13:00 / 15:00~19:30

診療受付
(土曜日)

10:00~13:00 / 14:00~17:30

休診日
木曜日、日曜日、祝日

「歯並びの矯正」は文化です

 ご自身では気づかれていなくても、歯列矯正が必要な方はたくさんいらっしゃいます。
 実は、全く歯列矯正が必要でない人は全体の半分くらいしかいないのではないかと思います。しかし、矯正歯科にいらっしゃる患者さまは全人口の7%程度にとどまっています。

 確かに、歯を矯正しなくてもすぐに困るということはあまりありませんから、気になっていても先延ばししてしまうのかもしれません。すぐに、健康が脅かされるということもありませんから、忙しい毎日の中で、矯正は放置されがちになっています。
 しかし歯並びが悪いと、それは長期的に見て健康を脅かすことにつながるので、やはり問題だとご認識いただく必要があります。

 矯正は、すべてが手作業で、チームで一人の患者さまの治療にあたりますから人手も手間もかかります。装置の見た目も使用感も、かなり違和感を感じさせるものです。フルオーダーメイドで患者さん一人ひとりに合わせて長期間の治療を行いますから、値段も安くはありません。
 しかし、欧米や日本の富裕層は「高くてもつらくても、歯の矯正はしなければならない」という確固とした信念を持って、矯正に取り組んできました。それがひとつの文化になっているのです。

 以前に比べれば装置も改善され、材料学的な進歩もあって、痛みもなく目立たずに矯正治療ができるようになりました。矯正歯科医の数も増えてきたので、コストも手の届きやすいレベルになっています。
 日本でも矯正歯科は社会的に定着し、一般的になってきたと言ってよいでしょう。それはこれまでに矯正治療を受けた人がその技術を評価し、治療を受けたことに満足している証しです。

矯正歯科のご相談は、無料です

 歯並びが気になっている方や、「自分は矯正治療をした方がよいのではないのか」と悩んでいらっしゃる方は、まずお気軽に当院にご相談されることをおすすめします。
 みなさまの悩みやご不安を解決するために、矯正歯科医としてできることを直接お話しさせていただくことが、患者さまの悩みを解決し、当院が社会全体に貢献するためのスタート地点だと考えています。
 別に当院で治療される必要はないのです。ただ、ご自身の問題解決のための手段として、矯正治療について真剣に考えるきっかけになっていただければ、ご相談には意味があることだとわたしは思います。

「歯を抜きたくない」、「手術をしたくない」、「入院は困る」、「痛いのはイヤ」といったご希望があれば、まずそれをはっきりおっしゃってください。またその逆に、「なるべく目立たない矯正をしたい」とか、「土曜日や夕方しか来院できない」とか、やって欲しいことがあればできるだけ具体的にお話しください。
 ぜひお気軽に時間をお取りいただいて、ご相談にお越しいただければ幸いです。

代表的な症状について、一般的な矯正方法を解説しています。

 出っ歯は、上下の歯を噛み合わせたときに、上の歯が前方に出過ぎているケースです。原因としては、下あごが小さい、上あごが大きい、上下のあごのバランスが悪いといったことが考えられ、噛み合わせたときの前後のずれを直す必要があります。

 スポーツ選手で下あごが発達している人はとても強そうに見えますが、一般の人であれば「受け口」はあまり望ましいことではありません。これも出っ歯と同じで、早い段階から時間をかけて手を加えていくことが一番有効だと考えられます。

 乱ぐい歯や八重歯は、現代人にとって非常に多い症状です。昔と比べると現代人は、食事や生活の変化によってあごが先細りしていますから、前歯が並びきれなくて乱ぐい歯になってしまうのです。あるいは永久歯が生えてくる前に乳歯が抜けてしまい、そこに他の歯が入ってきて順番が変わることが原因のケースもあります。

 噛み合わせたときに上下の前歯がうまくかみ合わない症状です。上の歯が下の歯にかぶさらないので、うまくものを噛み切ることができません。常に舌で上の歯と下の歯の間のすき間をふさぎながら生活するようになってしまいます。ご本人はその状況に慣れているのですが、それを続けていくとますます開咬は悪化します。

 顎関節症はあごの関節の機能不全の総称で、原因別にさまざまな病態に分類されます。中には、小さいころから噛み合わせが悪いことで、あごの関節にズレが生じる方がいらっしゃいます。上下の噛み合わせがうまく合わないために、なんとか噛むところまで、自分であごをずらしてものをかむ習慣がついてしまって、ますます顎関節症が悪化するわけです。

みなさまのご要望にお応えします

 歯を抜かずに矯正する方法はあります。
 わたしは、一般的な矯正治療は歯を抜きすぎると思っています。

 これもやはり、わたしは一般的な矯正治療では手術をやり過ぎだと思っています。

 矯正治療を目立たなくすることは可能です。

 当院では、治療期間をできるだけ短くするよう努力しています。

矯正治療の流れ

2人に一人は矯正治療が必要です
審美、社会で活躍する人格形成のために「矯正」の文化は、日本に定着しました
まずは、お気軽に無料カウンセリングにお越しください
ご要望、ゴールの形、避けたいこと、なんでもお話しください
スタッフは常にフレンドリーでオープンマインドです
2度目のご来院 精密検査
複数のプランの中から治療計画を決定
治療開始、まず「だ液検査」で虫歯予防
矯正期間中は3~6週間に一度程度のご来院で大丈夫
矯正した歯並びを安定させる「補綴期間」
自宅でのメンテナンスも大切です

東京都のみなさんのご要望にお応えします

「歯を抜きたくない」
「手術をしたくない 入院したくない」
目立たない矯正治療をしたい(舌側矯正・インコグニート)
痛くない治療をしたい
長期間の矯正治療はイヤだ
何度も通院するのは困る
矯正治療は料金が高いのではないか

東京で矯正治療をお考えのみなさま

全く歯列矯正が必要でない人は 全く歯列矯正が必要でない人は実は全体の半分くらいしかいないと思います。ところが矯正歯科へ来られる患者さまは全人口の7%程度に止まっています。
しかし歯並びが悪いと、それは長期的に見て健康を脅かすことにつながるので、やはり問題と認識していただく必要があります

以前に比べれば装置も改善され、材料学的な進歩もあって、あまり痛みもなく目立たない矯正治療ができるようになりました。矯正歯科医の数も増えたので、コストも手の届きやすいレベルになっています。矯正歯科は社会的に定着し、一般的になってきたのは、これまでに矯正治療を受けた人がその技術を評価し、治療を受けたことにご満足されている証しです。

歯並びが気になる方や、「矯正治療をしたほうがよいのでは」とお悩みの方は、まずお気軽に当院にご相談ください。
当院では矯正治療のご相談を、無料で承っています。

東京の矯正歯科無料カウンセリング東京の矯正歯科無料カウンセリング